詠み人知らずの不定期ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 国営讃岐まんのう公園コスモスフェスタ

<<   作成日時 : 2011/10/20 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
10月になり秋らしい涼しい季節となりました。そんななかの先日、コスモスフェスタの開かれている国営讃岐まんのう公園へ行って来ました。まんのう公園といえば、10年前まで讃岐うどん王選手権が開催されていた思い出深い場所。あのときは毎年見に行っていましたが、うどん王選手権が終わってからは1回も行く機会がないままとなっていました。そんなまんのう公園も10年の間にいろいろ整備が行われ、新たなエリアも増えたとのことなので、久しぶりに訪ねてみようと思ったわけです。

画像
ちょうど9日が無料入園日だったので、その日に合わせて行くことを決定。しかし、無料ということは訪れる人も多いだろうから、車で行くと駐車場待ちの渋滞に引っ掛かる恐れがある。そこで、JR琴平駅・ことでん琴平駅から出ている無料のシャトルバスを使って行くことにしました。(※コスモスフェスタ期間中の土・日・祝日のみ運行) これなら楽だし駐車場代も掛からないので一石二鳥です。無料のシャトルバスなので混んでいるかな?と思っていましたが、利用しているお客さんはあんまりいなかったです。まぁ混んでいても車で行く人がほとんどなんでしょうね。

画像画像
20分ほどでまんのう公園に到着。開園してすぐくらいに着いたのですが、既に駐車場には多くの車が停まっており、お客さんも多かった。やはり無料入園日だけあります。入口を入ってすぐのエントランス広場では、マスコットキャラのドラ夢が子供たちに囲まれていました。とりあえず案内所で園内散策マップを貰い、公園一周10qコースに記されているコースに従って進んでいくことにしました。

画像
エントランス広場から右に進むと青竜の谷で、さっそくコスモスがたくさん咲いていました。色が黄色いのでキバナコスモスですね。一眼レフカメラを構えて写真を撮っている人も多かったです。奥に見えているのは昇竜の滝です。

そこから竜頭の里エリアの芝生広場に沿って進み、サイクリングコース・車道を超えて自然生態園エリアへ。その名の通り、昆虫や植物などを観察しながら山道を進んでいくのですが、全部で2qほどあるので、ここを巡ったら後半体力残らないかも…と思いこの日は山道入口の自然生態展示館で引き返す。

画像
なお、ここからさらに東に進む道は工事中だった。現在、自然活用ゾーンを整備しており2012年度までに工事完了予定。ここが出来れば、まんのう公園は完全に全面開園ということになるそうです。

画像
しかし、お客さんも多かったですけど、自転車でサイクリングコースを走っている人も多かった。午後になるとレンタサイクル待ちの行列も出来ていたほどでしたし。私はウォーキングだけで手一杯だったので自転車は乗らなかったのですが、自転車で公園内を巡るのもいいかもしれません。なお、サイクリングコースは自転車専用道路なので、歩きの人はコース内に入らないよう注意しましょう。自然生態園からの帰り道で、ショートカットをしてサイクリングコースを歩いている人もいましたが危険なのでやめましょう。

画像
再び竜頭の里エリアに戻り、花竜の道へ。ここもコスモスがたくさん咲いていました。パンフレットの花竜の道コスモスマップを見ると、ソナタやセンセーションという品種だそうです。コスモスとコスモスの間の散歩道を歩いて巡ると気持ち良いです。まだお昼前だったが、お腹がすいてきたので昼食を取って一休みする。

画像
休憩もそこそこに出発し西に進む。車道の下の地下道をくぐり遊歩道を進むと、満濃池を見渡せるパノラマ展望台に着く。この日は晴れていたのでキレイでした。

画像
その次は希望の丘展望台へ。ここには長い長いすべり台のエックススライダーを始め様々な遊具があり、子供達が楽しんでいました。時刻はちょうど12時を回ったところでしたが、下の車道を見ると駐車場に停めきれなかった車が車道に作られた臨時駐車場にまで停められている。それでも続々と車は入ってきていて…やはり無料入園日は早めに行かないと、駐車場の確保が難しそうです。

欄干に鉄琴が付いているメロディー橋を渡り、飛竜池に沿っている飛竜の花道を進むと再び青竜の谷近くへ出ました。

画像
ちなみに公園一周10qコースは地図を見ていれば迷うことなく進めますが、この先の木もれ日の道だけは、うっかり通りすぎてしまって、しばらく迷ってしまいました。一見すると分かりにくいが、柵に沿って細道が続いていました。案内板があるので見逃さないようにしましょう。

で、ここから先は竜頭の森エリアを進み、北側の竜頭の丘エリアに行くことになるんですが…写真を撮るためにあちこち寄り道をしながら進んでいたせいで既にヘトヘトになってしまったので、一旦エントランス広場に戻り中央駐車場へ行く。

画像
ここから竜頭の丘エリアの北駐車場までシャトルバスが出ているので、それに乗って行くことにしました。シャトルバスは定期的にピスト運行しているので、待つことなく乗ることが出来ると思います。

画像
バスであっという間に竜頭の丘エリアの北駐車場に到着。冒頭でも言いましたが、ここが今年の4月に完成した新たなエリアです。入口にある全天候型大型テントのドラ夢ドームの横を通りぬけ進むと花巡りの丘に出る。こちらも、まさにコスモス畑でした。写真の手前の黄色っぽいのがイエローキャンパス、奥の赤っぽいのがオレンジキャンパスという品種だと思います。他にも犬と遊べるドッグランやアスレチック用具の置いてある健康広場などがあります。ひと通り散策し、再びバスに乗ってエントランス広場へ。帰りのシャトルバスに乗って公園をあとにしました。

竜頭の丘エリアは、エントランス広場から少し離れているからか竜頭の里よりもコスモスを見に来ている人が若干少なかったような気がしましたが、せっかく出来たエリアなので巡って欲しいですね。とにかく公園内は広いので、全部のエリアを見たい人は計画的に回るほうがいいと思います。今月の23日も無料入園日なので、コスモスを楽しみたい方はぜひ。私は時間と体力の関係で竜頭の森と湖畔の森のエリアには行けなかったので、次に行くときはそのあたりを中心にもう一度散策したいと思います。

1000ピース 高原のコスモス 1000-374
アップルワン


Amazonアソシエイト by 1000ピース 高原のコスモス 1000-374 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国営讃岐まんのう公園コスモスフェスタ 詠み人知らずの不定期ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる