詠み人知らずの不定期ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い出のTJ Kagawa−−−Back To The 1997

<<   作成日時 : 2007/07/25 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

いやー、もう10年になるんですねー。私の作品が初めて文化人講座に掲載されたのは、1997年07月25日発売のTJ Kagawa 8月号でした。
画像
この号から、タイトルが"TJかがわ"から"TJ Kagawa"に変更され、大きさもB5サイズからA4変形サイズになりました。だから、最初書店で探しても、どこにあるか分からなかった思い出が。もちろん、手に入れてから今日まで大切に置いてあります。ちょっと中身を読み返して見ましょう。


画像
まず、今と圧倒的に違うのが携帯電話。「♪はぁ〜カメラもねぇ、メールもねぇ、ゲームやウェブも何にもねぇ」と無い無い尽くしの当時の携帯。というか、まだPHSやポケベルが主流やったきんなー。今みたいに高機能になり、ここまで普及するとは思いもしませんでした。

特集は、夏休みも始まったこともあり、各地のテーマパークが紹介されています。もちろん香川の「レオマワールド」も。その記事の中にいたのが、
画像
今は亡き、ペディーとポーリー。wikiによると、旧レオマのイメージを払拭するため現在の「ニューレオマワールド」には受け継がれなかったそうで…。まーなんともかわいそうなキャラクター達。ちなみに当時のレオマの広告のキャッチコピーが「のってるね、レオマ」ま、実際はノリにノッてたわけではなく、確実にカウントダウンは始まっていたのだが、そんなことは露知らず、出来たばっかりのビバーチェで遊びまくっていた、当時の私がいました。

そんなレオマのライバル?とも思えるテーマパークがこの月に出来ました。
画像
それが、岡山の「倉敷チボリ公園」。駅から歩いて1分と、交通の便は良かったのですが、やはり不景気には敵わず、現在名称をどうするかで揉めております。私も1回行ったことあったけど、まー普通やったかな…。

その他の広告で気になったのは、やっぱりレンタルビデオのロッキーかな?
画像
当時はこんな感じに、日にちによって100円の店が違っており、且つ他店返却が出来たので、土・日に100円デーになった店は、他店舗のビデオも返却され、山のように溢れかえっていました。ゲオになった今でも、旧作ビデオ・DVDは毎日95円だけど、CD100円レンタルは某団体からの圧力で、このちょっと後に廃止されちゃったんだよなぁ。残念。

当時のヒット商品も知ることが出来ます。
97年といえば、なんといっても「たまごっち」。これは、説明するまでもないですね。Kagawaを見ても、丸亀競艇のクイズの景品になってたり、ドコモの新規契約者にプレゼントされてたり、ありとあらゆるところで賞品として使われています。…そして、その後に出てきたのが"便乗者"。他社からも、たまごっちをマネた製品が続々と出ました。例えばこれ、
画像
「りゅう太くん」。某バイク屋さんで、バイクを買った人にもれなくもらえたそうですが、これはあまりにも。(笑) 「あのゲームよりもっともっと面白い!」って、確信犯じゃないか。(笑)

そして、堂々とパチモンとして発売されたのが、
画像
「サザエボン」。いろいろあって、今では手に入らない品。買っておけばよかったな…。

リニューアル号ということで、有名人からのプレゼント企画も!
その企画で、ナイナイやココリコを抑えて1番最初に紹介されているのが、
画像
つぶやきシロー。………いや、うん、当時は面白かったんですけどね。当時は…。


その他の記事。
画像
映画:「もののけ姫」に「新世紀エヴァンゲリオン劇場版」とアニメが多い。海外ものだと「ロスト・ワールド」「バットマン&ロビン」、あー「ロスト・ワールド」は見に行ったなぁ。高松の映画館も、まだ昔ながらのところが残ってたんですね。ワーナー・マイカル・シネマズ高松はまだ出来てませんでしたから。この後、ライオンカンが閉めて、高松東宝も閉めて…、時代の流れですね…。

画像
テレビ:「ナイナイナ」!これ覚えてるわー。『車だん吉はファーストフードのドライブスルーで注文ができるか?』とか、アホみたいな企画が面白かった。

画像
ゲーム:知る人ぞ知る「風のリグレット」。遊んだことはなかったけど、評判はいろいろ聞いております。画面真っ暗て、そらオモロないやろ。


各コーナーも見てみましょう。
画像
ゲリ通は、満濃の「山神」を紹介しています。(当時は店名不明)こんときは火・木・土曜しか開いてませんでしたが、現在は月・火・木・金・土開いています。

画像
よろずは、スクーターに犬を乗っけてるおっちゃんの捜索解決編。まだ今でもいらっしゃるんでしょうか…?上半分は、この号から始まった競馬講座WIN。初心者でも分かりやすく教えてくれたので、楽しみなコーナーの1つでした。ちなみに、オカタニ画伯のイラストも載っていた「これが私の生きる道」もこの号から連載が始まりました。

画像
文化人ランキング、1位はなるめろんさん。以下の順位も、ほぼ年間のランキングと変わらずでした。この頃のネタは、文化人講座16巻に載っています。


思えば10年、あっという間でしたねー。当時は、まだインターネットもしていなかったんで、文化人講座のように、雑誌や新聞に作品を載せることが、唯一自分の趣旨を世間にアピール出来るチャンスだったわけです。それを考えると、こうしてブログからいつでも好きなときに好きなだけ、言いたいことを言えるようになったとは、なんともすごい世の中です。今から10年後は、どんな情報発信ツールが出てきてるんでしょうか?
笑いの文化人講座REMIX (1) お笑い学校の事件簿

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
今回の記事は懐かしいですね。
時代を感じさせます(笑)
1997年なんて、ついこの間みたいな気もしますし、大昔のような気もしますよね。

どんなネタが掲載されてたんでしょうか。
ちょっと気になります(笑)
ニュース
2007/07/26 14:58
うわ〜、懐かしい。
ロッキーの無理やりにでも地域最大をアピールするコピーとか懐かしすぎです!
個人的には仕事柄たかせんドコモショップの広告に載ってるmovaの203シリーズが気になってしまうんですけども(苦笑)
ドコモのおねぇさんの職業病です。

97年って、わたしらが高校に入学した年じゃないですか。
あれからもう10年経ってるなんて……。
結構ショックです。
ひとみん
URL
2007/07/26 22:22
10年って確かに長いハズなのに、ほんとあっという間でした。
小学生の頃はもっと時間が経つのが遅かったのに、社会人になってから早い早い。
詠み人知らず
2007/07/29 04:13
覚えてますよ。
確か僕が文化人デビューしたのもこの号でした笑
当時高1だったかな。

もう10年かぁ…
文化人
2007/11/01 14:28
文化人さんも同じ月でしたね。
確か今のペンネームにしたのは翌9月号だったはず。

私も高校生だったから、時間もたっぷりあったんでネタもよく考えていました。あの頃は、本当にTJ Kagawaを読むのが楽しかったです。
詠み人知らず
2007/11/01 22:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
思い出のTJ Kagawa−−−Back To The 1997 詠み人知らずの不定期ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる