高松でも…-硫化水素自殺

今日は休みを利用して、再開発予定の常磐ティシュ製紙工場跡地と、高松初のタワーマンション「アルファタワー桜町」を見に行くため栗林町周辺を散策していたのですが、写真撮影中に近くを消防車やらパトカーがワンワン言いながら走って行きました。最初は火事かな?と思ったのですが、見渡しても煙らしいものは出てなかったため、気にせずそのまま撮影を続けてたんですが、帰りに現場らしき所を通ったところ、思った以上に警察官と報道陣がいたので驚きました。

画像
周囲は立ち入り禁止になっていた

周りの人は「ガス漏れみたいで…」と言っていたり、現場近くの住民らしき人が警察官に「まだ(家に)入ったらダメなんですか?」と聞いていたり、かなり現場はざわついてましたが、調べてみると、硫化水素を使った自殺があったそうです。ここ最近増えている硫化水素自殺ですが、身近でこういった事件が起きると、余計怖く感じますね…。

この記事へのコメント

ニュース
2008年05月02日 19:39
練炭を使用した自殺方法以上に、この自殺方法は関係の無い第三者まで巻き添えになる危険性がありますからね。。。。。。。
一酸化中毒の30倍の危険性があるそうです。
撮影途中に自己に巻き込まれなくて良かったですが、一歩間違うと自殺の巻き添えを食らうところでしたね。。。。。。。。。
身近に自殺した人はいませんが、確かに近くでこんなことが起こるのは恐ろしいですね。。。。。。。。

変な言い方ですが、「死ぬんやったら周りに迷惑をかけない穏やかな死に方せんかい!」とも言えますね。。。。。。。。。。
2008年05月04日 18:15
高松では1年前に同様の自殺があったそうです。あのとき、何か手を打っていれば…といっても、出来ることといえば、製品に注意を促す警告文を載せることと、メディアとネットの規制ぐらいでしょうか?

この記事へのトラックバック