日専の「UDON」新・旧比較

先月、スカパー!の日本映画専門チャンネルで映画「UDON」の放送があったのですが、なんか画面暗いなぁと思いながら見ておりました。スカパー!e2の日専のビットレートが以前より低下しているという指摘があったのは知っていたので、そう思い込んで見ているからかとも思いましたが、前回(2007年)の録画データと比べてみると、確かに今回の方がデータサイズが少なくなっていました。(※東芝のレコーダーは録画データのサイズは直接表示されないが、DVDの容量よりどれくらいオーバーしているかで、だいたいのサイズは分かる)

画像画像
2007年放送版(DVD片面332%)2009年放送版(DVD片面256%)

録画時間は同じなのに、データサイズはかなり違っています。今回のは本編の前後に本広監督とのトークVTRもあったので、こっちを将来ブルーレイに残そうかとも思っていましたが、やっぱり前回のを残しておいたほうがええみたいですね。しかしこうも変わるんだったら、低下前にもっと録画しておけばよかったな…。

絶対ハイビジョン主義―これからが楽しいテレビ生活 (アスキー新書 68)
アスキー・メディアワークス
麻倉 怜士


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック