26日(風呂の日)は、さぬきうどん風呂で

画像
遡ること約1ヶ月前、2月26日にやしま第一健康ランドで「さぬきうどん風呂」のイベントが開催されました。丸大豆油配合の醤油風呂に、塩を練り込んだうどん型入浴剤を投入し、まるでうどんの気分を味わえるというなんとも"うどん県"らしいイベント。もともと香川の一部の地域では、新築の家のお風呂でうどんを食べる習慣もありますが、うどんのお風呂というのは前例がないでしょうね。同イベントは昨年の11月26日(いい風呂の日)に開催されていて、好評だったため2回目の開催となったようです。うどん系のイベントとならば行かねばと思い、私も久しぶりにやしま第一健康ランドを訪れました。前に行ったときは2時間プランだったので本当にお風呂に入ってすぐ帰ったので、今回はゆったりプランにしてじっくりとくつろぐことに。(※通常は1,575円だが26日は風呂の日なので1,050円だった) 受付を済ませてロッカールームで館内着に着替え、ざっと館内を見回してまずはひとっ風呂浴びることに。


画像うどん風呂のイベントは17時からでしたが、既にイベント風呂は醤油風呂としてセッティングされていました。見た目は確かにうどんの出汁みたいな感じ。手にすくって匂いを嗅いでみると、微かに醤油の匂いが…するようなしないような(笑) まぁあまりに醤油の原液が強いと、体がベトベトになりますからね。体が温まって気持ちよかったです。お風呂から出たあとは、食事をしたり、シアタールームで映画を見たり(CSの衛星劇場が流れていた)、レストルームで仮眠を取ったりと、ゆっくり体を休めました。カキが好きな人はカキ焼き食べ放題なんかもあってオススメです。お昼にはビンゴ大会もあり挑戦してみたものの見事にスカ。気晴らしにゲーセンで麻雀ゲームをしまくる。


画像そうこうしているうちにうどん風呂の時間になったので再びお風呂へ。さきほどのイベント風呂の周りはすでに人が集まっていたので私も位置を陣取る。しばらくして従業員の方が、どんぶりに入ったうどんの入浴剤を持って来ました。用意されていたのは、きつねうどんと釜玉うどんと天ぷらうどんの3種類。配られた割り箸で麺や具を取ってお風呂につけてみると、ジワーッと醤油風呂に麺が溶けていきました。うどんというか天ぷら揚げているみたい(笑) みんながどんどん投入していくから、あっという間にうどんは無くなりました。子供もおっちゃんらも、みんな楽しそうでした。さすがに温泉の中で写真は撮れないので、公式サイトの動画を見ると雰囲気が伝わると思います。


ところで、今回のイベントではお土産用に自宅用ミニキットのさぬきうどん風呂も販売されていました。スタッフの手作りなので数が限られていましたが、売り切れる前になんとか購入。こちらも3種類用意されていました。天ぷらうどんにしたかったんですけど、そちらは既に売り切れていたようなので釜玉うどんを購入。
画像画像
どんぶりの中には、麺とかまぼことネギと黄身と大根おろしの形をした入浴剤が入っていました。見た目はまんま釜玉うどんですね。醤油風呂の元となる粉も入っていました。すぐにでも家の風呂で試してみたかったのですが、なんか使うのが勿体無くてしばらく部屋に置いていました。で、ようやく先週使ってみることに。お風呂の湯に粉を注ぐと、あの出汁の色に。あとは温泉でやったのと同じように麺やかまぼこをつけてジワーッと感を堪能。温泉でみんなでワイワイ楽しむのもいいですけど、一人でじっくり楽しむのもまたよろし。(家族の反応は微妙でしが)

やしま第一健康ランドでは、こういったイベントごとを毎月開催しているので、またなんぞ面白いイベントが開かれないか楽しみです。

讃岐限定ストラップ 鍋焼うどん
(株)マルシン


Amazonアソシエイト by 讃岐限定ストラップ 鍋焼うどん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック